病気について

網膜静脈閉塞症の種類とそれぞれの初期症状

網膜静脈閉塞症の種類

網膜静脈閉塞症には、2種類あります。違いは、どの部分で静脈が閉塞するかにあり、ひとつは「網膜内」で起こるタイプ、そしてもうひとつは「視神経内」で起こるタイプです。

網膜内の静脈が閉塞するもの
網膜静脈分枝閉塞症BRVO:Branch Retinal Vein Occlusion)
視神経内で静脈が閉塞するもの
網膜中心静脈閉塞症CRVO:Central Retinal Vein Occlusion)

網膜静脈分枝閉塞症と網膜中心静脈閉塞症の違いを表した画像

網膜静脈分枝閉塞症の初期症状

  • 静脈の閉塞した場所の上流部分で血液や水分が漏れ、眼底出血や網膜浮腫が起こります。
  • 眼底出血や網膜浮腫が黄斑におよぶと(黄斑浮腫)、視力低下を起こしたり、ものがゆがんで見えたりします。
  • 静脈の閉塞した場所によって、自覚症状は無症状から重い視力障害までさまざまです。

正常な眼の眼底写真の画像

写真提供:日本大学 名誉教授  湯澤 美都子先生

網膜静脈分枝閉塞症の眼の眼底写真の画像

写真提供:滋賀医科大学  大路 正人先生

  • 急激な眼のかすみ
  • 視野が欠ける
  • 出血したところが黒っぽく見える
  • 黄斑部に起こる病気には、網膜静脈閉塞症のほか、加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)、病的近視(びょうてききんし)、糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)などがあります。初期の症状は似ていますので、正しい診断は病院で受けてください。

網膜中心静脈閉塞症の初期症状

  • 静脈の根元が閉塞するため、網膜全体に血液や水分が漏れ、眼底出血や黄斑浮腫が起こります。
  • 急激に視力が低下します。
  • 静脈が閉塞して網膜の血液循環が悪くなることを虚血といいます。
  • 虚血の面積が広いほど黄斑浮腫が起きやすく、視力低下が著しいとされています。
  • 網膜中心静脈閉塞症には、網膜中心静脈の閉塞が不完全で、網膜の出血が軽度である「非虚血型」と、網膜中心静脈が完全に閉塞し出血が多い「虚血型」があります。

正常な眼の眼底写真の画像

写真提供:日本大学 名誉教授  湯澤 美都子先生

網膜中心静脈閉塞症の眼の眼底写真の画像

写真提供:滋賀医科大学  大路 正人先生

  • 急激な視力低下
  • 出血したところが黒っぽく見える

黄斑部に起こる病気には、網膜静脈閉塞症のほか、加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)、病的近視(びょうてききんし)、糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)などがあります。初期の症状は似ていますので、正しい診断は病院で受けてください。

「網膜静脈閉塞症と診断されたら」の最初に戻る

ホームページの最初に戻る