よくある質問

病気・治療について

質問

治療を受ければ元通りに見えるようになりますか?

答え

網膜静脈閉塞症を発症して黄斑浮腫が起こると視覚障害が生じますが、その後の治療による回復は、閉塞した場所や期間によってさまざまです。
発症早期に治療を行えば、視力回復の度合いが大きくなる可能性があります。
しかし、黄斑浮腫が続いて網膜組織にダメージが加わると、視力の回復が難しくなります。

脳の動脈に血栓ができる脳梗塞と同様に、程度の差はあるものの後遺症、すなわち真ん中が暗く見える、ゆがむ、小さく見える、色が分からない、よく見えない、などの自覚症状が残ります。

「よくある質問」の最初に戻る

ホームページの最初に戻る