病院選びのヒント

よりよい治療を受けるために

早めの受診が大切です。

自己チェックで見え方に異常を感じた方、網膜静脈閉塞症になっているかどうかが気になる方は、できるだけ早く医師の診察を受けましょう。

網膜静脈閉塞症は、急激に症状が進行してしまう場合もあります。診察を受けた時期が、その後の治療方法だけでなく、視力の回復にも関わりますので、早めの受診が鉄則といえます。

網膜の専門医に診てもらうと安心です。

網膜静脈閉塞症は眼の病気の中でも、「網膜」に起きる病気です。したがって、網膜の状態を精密に確認する設備が整った施設で検査・治療を受けることが望ましいといえます。

受診する前に、「光干渉断層計(OCT:Optical Coherence Tomography)の設備があるか」「専門外来(網膜専門外来、黄斑外来など)があるか」などを確認すると良いでしょう。

また、大学病院など大きな施設では原則として紹介状を持っていなければ受診できない場合がありますので、併せて確認すると安心でしょう。

「視野や見え方に異常を感じたら」の最初に戻る

ホームページの最初に戻る

  • 視野や見え方に異常を感じたらのページに移動する
  • 網膜静脈閉塞症と診断されたらのページに移動する

ホームページの最初に戻る