治療について

「レーザー光凝固」による治療

黄斑の中心窩以外の網膜を、レーザー光で焼き固める治療法です。

焼き固めた網膜では、浮腫や新生血管が生じなくなりますが、凝固した部分の網膜や周囲の正常な組織にもダメージを与える問題があります。

新生血管が生じそうな部分に、予防的に実施することもあります。

レーザー光凝固による治療の画像

汎網膜光凝固(はんもうまくひかりぎょうこ)

黄斑部以外、ほぼ網膜の全体にレーザー光を当てる治療です。この治療により、新生血管が生じてくることを予防します。

汎網膜光凝固の画像

格子状光凝固(こうしじょうひかりぎょうこ)

網膜の浮腫を生じている部分にレーザー光を当てる治療です。

格子状光凝固の画像

局所光凝固(きょくしょひかりぎょうこ)

網膜の浮腫が強い部分や新生血管からの出血がある部分などに、選択的にレーザー光を当てる治療です。

局所光凝固の画像

「網膜中心静脈閉塞症の治療について」の最初に戻る

ホームページの最初に戻る