治療について

その他の治療(硝子体手術、ステロイド薬、網膜循環改善薬)

「硝子体手術」による治療

黄斑浮腫が長期間持続する場合に、硝子体を除去する手術によって黄斑浮腫の軽減を図ることがあります。

「ステロイド薬」による治療※1

炎症を抑えたり、血管から水分が漏れ出てきやすい状態を改善する薬を注射することで、黄斑浮腫の抑制を図ることがあります。

「網膜循環改善薬」による治療※2

血管を広げる薬を服用することで、網膜の血流の改善を図ることがあります。

  • ※1 本邦ではステロイド薬は網膜静脈閉塞症治療薬として承認されていません。
  • ※2 網膜循環改善薬の効能効果は網膜静脈閉塞症ではなく、網脈絡膜の循環障害の改善です。

「網膜中心静脈閉塞症の治療について」の最初に戻る

ホームページの最初に戻る