治療について

治療の効果を調べる検査(視力検査・眼底検査)

網膜静脈閉塞症の治療の効果を確認したり、再発していないかを確認するためには、定期的に検査を受けることが大切です。主に、下記のような検査を行って、確認・判断します。

1.視力検査

視力表を用いて測定します。眼鏡などを使わずに測定し(裸眼視力といいます)、基準となる視力が得られない場合は、検査用の眼鏡を用いて、最大の視力(矯正視力といいます)が出るまでレンズを替えて調べます。

視力検査の画像

どこまで小さい文字が見えるかによって視力を判定します。

2.眼底検査

細隙灯顕微鏡を用いるなどして、眼底にある網膜の状態を調べます。細隙灯顕微鏡から、眼底に細くて強い光を当て、病気の所見を拡大して調べます。眼底出血の状態や黄斑浮腫、硝子体出血の有無などが観察できます。

正常な眼の眼底写真の画像

写真提供:日本大学 名誉教授  湯澤 美都子先生

網膜静脈分枝閉塞症の眼の眼底写真の画像

写真提供:滋賀医科大学  大路 正人先生

次のページでも、治療の効果を調べる検査についてご説明します。

「治療について」の最初に戻る

ホームページの最初に戻る