治療について高額療養費制度について

高額療養費制度とは

自己負担額の払い戻し試算

網膜疾患の治療で気になる一部負担金

網膜疾患の治療には、高額な医療費がかかります。これに対し、日本の公的医療保険では、全額を患者さんが負担することなく、窓口で1〜3割の一部負担金を支払います。
しかし、1〜3割の一部負担金であっても、医療費が高額である場合などは、患者さんにとって大きな負担になります。その負担を軽減するために、『高額療養費制度』があります。

高額療養費制度を活用しましょう

医療機関を受診した際、一定額を超えて一部負担金を支払った場合には、高額療養費制度を利用することができます。一月あたりの一部負担金の限度額(自己負担限度額といいます)は、年齢、所得ごとに定められています。
計算は個人が原則ですが、家族分を合算(世帯合算といいます)したり、他の病院の分を合算できるケースがあります。
無理なく継続的な治療をするために、制度をよく知り、活用しましょう。

高額療養費の払い戻しシステム

限度額適用認定証等を利用しない場合

1.被保険者(加入者やご家族の方)が一部負担金の全額を病院に支払います

2.申請(申請に必要なもの・高額療養費支給申請書・領収書・振込先口座番号の控え・保険証 ※医療機関への支払いから2年以内)

3.書類審査を行い、高額療養費が支給されます。

高額療養費制度に該当する場合は

高額療養費制度に該当する方には、公的医療保険より通知連絡が届く場合があります。

通知がない場合など、加入されている公的医療保険によって申請方法等が異なりますので、ご加入の公的医療保険窓口にお問い合わせください。

監修:株式会社ウォームハーツ  長面川さより
※2016年4月改訂の制度に基づいて作成しています。

「医療費の補助制度について」の最初に戻る

ホームページの最初に戻る